人財力100

人財採用と育成に力を入れている企業を紹介

我が社の人財力

株式会社Road 代表取締役社長 片江 光太
「令和の代表企業」を目指す新進気鋭の経営者が語る人財育成論

20代に重ねる努力が、夢のある人生を描く基盤になる

株式会社Road 代表取締役社長 片江 光太

一般消費者、法人を問わず、幅広い顧客へ多岐にわたる事業を展開しているRoad。「社会に出てからの猛烈な努力で、自分の人生を切り開けた」と語る代表の片江氏が、「自分と同じように、ひとりでも多くの仲間に人生を変える場を提供したい」と、3年前に立ち上げた会社だ。「人生は20代をどう過ごすかが重要」だと断言する同氏に、会社の成長戦略や人財育成論などについて聞いた。

社員が活躍する場を増やし「人生を変えられる会社」に

-事業内容を教えてください。
 一般消費者向けにインターネット回線や新電力、ガス、ウォーターサーバーなどを販売する事業のほか、法人に対しては採用コンサルティングや人材派遣、広告代理業、IT支援事業などを展開しています。そのほか、オーダースーツ事業も。「事業の多角化」にこだわった経営戦略が当社の特徴です。
-なぜ事業の多角化にこだわっているのですか。
 理由は2つあります。1つは「収益の安定性確保」のためです。事業が1種類しかなければ、時代や消費者行動の変化によって収益は大きく変動しますが、事業が複数あれば、かりに1つの事業が落ち込んでもほかの事業が支えることで、収益の変動リスクを低く抑えられます。もちろん、それぞれの事業が順調なら収益は大きく増大します。実際に当社は、2017年の創業以来3年連続で3ケタの成長率を確保しています。

 そして、事業の多角化にこだわるもう1つの理由は、社員の活躍の場を広げて、「日本一、人生を変えられる会社にしたい」という想いからです。
-そういった想いにいたったのはなぜでしょう。
 「猛烈に仕事をしたことで、自分の人生を切り開けた」という私の経験からきています。じつは私は、学生時代は勉強もスポーツも本当に中途半端で、周りの同級生たちから完全に取り残された「劣等生」でした。そんな私が、曲がりなりにも会社を立ち上げるまでに成長できたのは、社会に出てから、がむしゃらに働いてきたからにほかなりません。「10代までの遅れを取り戻すには、20代は猛烈に努力をしなければ」と。

 就職先の人材系企業では毎日誰よりも遅くまで働き、休みの日は、自己啓発の勉強会などに自費で参加して、精神の鍛錬も。「遊びたい」なんて本当に思いませんでしたね。そんな努力が成果となって表れたときは自分に自信がつき、それを高めようとさらなる努力をする好循環が生まれる。そういった日々の積み重ねで周りよりも営業成績はどんどん伸び、3年後には事業部で最年少の責任者になれました。

徹底したPDCAサイクルで「昨日の自分」よりも成長

-「仕事で人生を変えられた」と。
 そう思っています。「私と同じような喜びを、当社に入ってくる仲間に味わってほしい」と心の底から願っています。だから、その人の個性にあったステージで活躍できる可能性を増やそうと、事業をたくさん用意しているのです。また、事業のぶんだけポストが用意されるため、マネジメント経験を積む機会も広がります。当社には、私と同じように「意地でもがんばってやる」と入社し、どんどん成果を上げて同年代の人たちよりも2〜3倍の報酬をもらっている人財がたくさんいますよ。しかし、たんに活躍の場があるから成長しているわけではありません。
-なぜRoadの社員は成長できるのですか。
 当社では、通常の会社のように事業部単位で業務研修や営業研修を行うことはもちろんのこと、「PDCAサイクル」を徹底して回せる人財が育つ環境を用意しているからです。具体的には、「目標設定」「目標達成のための計画」「実行状況」「なぜ成功したか、失敗したか」「どう改善したか」について、それぞれ上長へ毎日報告するようにしているのです。毎日行うのは大変ではありますが、1日を漫然と過ごさず、「昨日の自分」よりも成長するために不可欠なことだと考えています。この積み重ねによって、自分自身で「成功のための道筋」を会得できるように。その結果、一過性ではない、「持続的に業績を上げられる力」がつくのです。

 そしてもう1つ、成長する人財になってもらうために、私が意識して取り組んでいることがあります。それは、「それぞれの人生の夢を語り合う社風づくり」です。

本気で夢を追う仲間の存在が、自分をさらに高めてくれる

-それはどういった考えからでしょう。
 夢は、人生の羅針盤のような役目を果たしてくれるからです。どんなに仕事をがんばっていても、営業成績が伸びずに壁にぶち当たり、くじけそうになるときがある。その辛さに耐えられずに、逃げ出してしまった人たちを就職支援先や前職時代に私は何人も見てきました。そういう辛い状況のときに自分を鼓舞してくれるのが「夢」です。その夢がしっかりと胸に刻まれるよう、「1日1回は夢を誰かに語ること」をみんなに呼びかけています。そのため、「私の夢は…」と明るく話す声が、社内のあちこちから聞こえますよ。

 それぞれがもつ夢は、「お金持ちになりない」「20代でマンションを買いたい」「一生、食べていける実力をつけたい」など、なんでもいいんです。私の昔の夢は、とにかく「人生を変えること」で、そのためにがむしゃらな毎日を過ごしました。要は、本気でそれを思っているか。当社には、夢は違えど、それぞれの志を達成するために、同じ道を歩く仲間が集まっています。そのため、「Road」という社名をつけました。「本気で実現したい」という夢を語り合える仲間同士だからこそ、ときには、「そんなことでは、お前は夢を実現できない。しっかりしろ」といった厳しい叱咤激励も。当社には、仲間同士で触発し合って成長できる環境があると自負しています。
-これから社会での活躍を目指す若者にメッセージをお願いします。
 人生、勝負は20代です。私は20代に必死でがんばったからこそ、「Roadを、令和を代表する企業にしたい」という次なる夢に向かって走れています。自分のがんばり次第で人生をよりよいものにしていける環境がある当社で、社会人生活の第一歩、もしくは再挑戦の第一歩を踏み出してみませんか。
片江 光太(かたえ こうた)プロフィール
1991年、東京都生まれ。小学生から始めた野球に打ち込むものの、ケガを理由に19歳で野球をあきらめ、大学も中退。2011年、人材派遣会社にアルバイトインターン生として入社。「学歴がない自分は、とにかく結果を残すしかない」と努力を重ね、1年後には訪問営業の実績を評価されて管理職に登用される。その後、採用担当となり、入社から3年後の2014年、史上最年少で人材採用開発部門の部長に就任した。2017年に株式会社Roadを設立、代表取締役社長に就任。

企業データ

設立 2017年10月
資本金 1,000万円
売上高 1期目(2018年9月期):約3,600万円
2期目:約1億6,000万円(前年比約350%増加)
3期目(見込み):約4億5,000万円(前年比約200%増加)
従業員数 約100名
事業内容 転職支援事業、採用コンサルティング事業、ITソリューション事業、営業代行事業など
URL https://www.road-goal.co.jp/

人財力100 紹介ページ

株式会社Road

※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性 について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

人財力100

人財採用と育成に力を入れている企業100社

同じ業界の掲載企業