人財力100

人財採用と育成に力を入れている企業を紹介

企業紹介


プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社

優れた製品とサービスで、より良いくらしを世界中の消費者に届ける

マーケティング

この企業の詳細と採用情報

人財力インタビュー

御社の教育制度を教えてください。

P&Gには"Training is priority"というフレーズがあります。これは研修や個々人の成長は会社の貴重な投資として最優先にすべき、という考え方ですが、充実した研修プログラムに加え、それを積極的に活用できるこの社風が社員の成長を支えていると考えています。また教育や研修とは若手のみが受けるものではありません。内定者期間~入社6ヶ月までの"Fast Start Program"に始まり、相手をより効果的に説得するためのトレーニング、生産性を高めるトレーニング、コーチングを効果的に受ける方法、などポジションやニーズに応じて成長し続ける土台が整っています。

新卒1年目の方のコメントをお願いします。

"内部昇進制"、つまり将来のリーダーを社内で育てていくP&Gとして、新卒の方に期待するものは非常に大きいです。まず、一年目からビジネスリーダーとして結果を残していくことが期待されます。もちろんこれは全てを一人で進める、という意味ではなく多様なチームメンバーを巻き込み、個々の強みを活かし、チームとしての力を最大化することを意味します。また、その過程では新入社員として新たな視点をもたらし、イノベーションにつなげることも期待されます。若手の時から自身の意見をもち、発信していくことが会社の飛躍につながっていくのです。そして何より、そのようなチャレンジを楽しむこと!これが期待されることです。

御社の成長の秘訣は何でしょうか。

"Consumer is Boss" - 消費者はボス、という信念のもと消費者理解を全てのビジネス判断の中心に据えいるというのはP&G最大の成長要因です。全世界の市場で消費者分析を的確に行うからこそイノベーションを生み、グローバルスケールメリットを活かし、ブランドを強めていくことができるのです。また社員一人一人の個性を尊重し、強みを最大限に活かせる環境も私達の強みです。13万人の社員がいれば13万人のキャリア形成、ワークスタイルがあるとP&Gは考えています。この環境によって社員が充実したキャリアを歩み社員そして個人が成長し続けることができるのです。

  • 世界で140カ国、日本でも20カ国
    以上の多様な人材がチームメイトとして
    働い ています
  • 1日40億回、P&Gの製品は世界中の
    消費者の生活に触れています
  • 個々のキャリアプランに対応した
    数百種類もの充実した
    トレーニングプログラム!

企業データ

企業名 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
財務情報 2010年6月期実績 789億3,800米ドル
2011年6月期実績 825億5,900米ドル
(米国親会社 連結売上高)
自社のウリ ◆ボーダーレスチームで世界中の仲間と働ける環境
◆入社一年目からプロジェクトリーダーとして、ビジネスを動かせる土台
◆社内で開発された250種類のトレーニングコースなど、充実した研修プログラム
沿革概要 2010年 慶應義塾大学法学部卒業
2010年 P&Gジャパン入社、リクルーティングチーム配属
2012年 9月よりシンガポール勤務

採用情報掲載サイト

※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性 について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

人財力100

人財採用と育成に力を入れている企業100社

同じ業界の掲載企業