審査委員会

ベストベンチャー100の審査委員会には、ベンチャー業界に精通している起業家や著名経営者の方々にご就任いただきました。
  • 熊谷 正寿
    GMOインターネット株式会社
    代表取締役会長兼社長
    グループ代表
    熊谷 正寿
  • 大久保 秀夫
    株式会社フォーバル
    代表取締役会長
    大久保 秀夫
  • 七村 守
    株式会社
    セプテーニ・ホールディングス
    代表取締役会長
    七村 守
  • 仮屋薗 聡一
    株式会社
    グロービス・キャピタル・
    パートナーズ
    マネージング・パートナー
    仮屋薗 聡一
  • 堀 紘一
    株式会社
    ドリームインキュベーター
    代表取締役会長
    堀 紘一
  • 西岡 郁夫
    株式会社
    イノベーション研究所
    代表取締役(元インテル社長)
    西岡 郁夫
  • 越智 通勝
    エン・ジャパン株式会社
    代表取締役会長
    越智 通勝
  • 小笹 芳央
    株式会社
    リンクアンドモチベーション
    代表取締役会長
    小笹 芳央
  • 米倉 誠一郎
    一橋大学
    教授
    米倉 誠一郎
  • 鉢嶺 登
    株式会社オプト
    代表取締役社長CEO
    鉢嶺 登

ベストベンチャー100の審査基準について

  • 1、経営者の資質
    • 社会貢献性の高いビジョンを掲げていて、全社一丸となってビジョン実現に向け取り組んでいる
    • 経営者が中長期的視座を持って、売上が右肩上がりとなっている
      ※短期的な売上の急伸も必要だが、大事なのは経営者が中長期的視座を持っていること
  • 2、ビジネスモデルの独自性
    • 商品及びサービスに独自性がある
      ※単なる物まねではなく、独自性がある。なおかつ経営者自身が自社の商品及びサービスに愛着・こだわりを持っていること
  • 3、成長性
    • 成長マーケット(ITや介護医療、環境など)で事業展開している
    • 積極的にアジア新興国などへの海外展開を推し進めている
上記の審査基準は、必須条件とは違い、掲載企業が全ての基準を満たしているとは限りません。
最終的に、掲載審査会にて協議して決定しております。
<必須条件>掲載期間中に関わらず、必須条件を満たさない事実が判明した場合は即刻掲載を中止いたします。

ベストベンチャー100の審査フローについて

  • 1、エントリーのご案内(昨年例 2013年5月29日〜2013年10月11日)
    • 弊社のスタッフが一定条件を満たしたベンチャー企業にエントリーをご案内します
    ベストベンチャー100エントリーのご案内
  • 2、エントリー
    • 「ビジョン」「成長理由」「営業利益」「売上高」などの審査項目を記入してエントリー
      ※エントリーは無料。
    ベストベンチャー100エントリー
  • 3、審査(昨年例 2013年10月25日〜2013年11月5日)
    • 直接、審査委員による面談での審査を行い、ビジネスモデルだけでなく、経営者の人間性なども総合的に審査。
    ベストベンチャー100審査
  • 4、決定(昨年の場合:2013年11月26日)
    • 審査の結果、2014年度のベストベンチャー100会員登録が決定します。
      ※本サービスは会員制サービスです。
    ベストベンチャー100決定